Illustrator

イラレで画像を切り抜く(トリミングする)方法【基礎から応用まで】

イラレで画像を切り抜く方法【基礎から応用まで】

イラレで画像を切り抜くにはクリッピングマスクを使います。
クリッピングマスク機能を使えば、図形やペンツールの形に合わせて画像を切り抜く(トリミングする)ことができます。

初心者でもすぐにできる簡単な図形の切り抜きと、パスツールを使った複雑な切り抜き方を紹介しています。
図を参考にマネしてみてください。

基本的な形で画像を切り抜く方法

【長方形ツールで画像を切り抜く】
まずは、元になる画像をカンバスに配置します。
切り抜きたい画像をカンバス上に配置

長方形ツールに切り替えて、画像の必要な部分に合わせて長方形オブジェクトを作ります。
画像の上に切り抜きたい大きさの長方形を重ねる

このとき長方形ツールは線と塗りを「なし」にしておくと、画像のどこを選んでるかがわかりやすいです。
長方形の塗りと線を非表示に

画像と長方形オブジェクトを両方選択します。
画像と長方形を両方選択する

オブジェクト>クリッピングマスク>作成を選択すると、画像がトリミングされます。
メニューからクリッピングマスクの作成を選ぶ
画像の切り抜き完成図

クリッピングマスクのショートカット

【Windows】Ctrl + 7
【mac】⌘(コマンド) + 7

【円形ツールで画像を切り抜く】
やり方は長方形ツールと同じです。
1.画像を配置
2.円形ツールで画像の上にオブジェクトを作る
3.画像とオブジェクト両方を選択して、オブジェクト>クリッピングマスク>作成

これで画像が円形に切り抜かれます。
円形ツールを画像の上に配置
画像を円形に切り抜けました

ペンツールを使って複雑な画像を切り抜く

ペンツールを使って複雑な形に切り抜いた例
長方形・円形ツールでの切り抜きは簡単ですが、基本的な形にしかトリミングできません。
ペンツールを使えば、犬や猫などペットの写真の切り抜きもできます。

ただし、本来イラレは画像の加工や編集にはあまり向いていません。
動物の細かい毛並みや、髪の毛などをきれいに切り抜くことができないので、正確性が求められるときはフォトショップで作業しましょう。

まずは切り抜きたい画像を配置します。
切り抜きに使う元画像を配置する

ペンツールに切り替えて、輪郭に合わせてトレースしていきます。
このときペンツールの塗りと線は「なし」にしておきましょう。塗りと線に色が付いていると細かい選択部分が見えづらいので作業がしにくいです。
線と塗りをなしにして境界線上をトレースする

切り抜きたい形に輪郭をトレースできたら、画像とオブジェクトを選択して、オブジェクト>クリッピングマスク>作成をクリック。
メニューからクリッピングマスクを選択する

これで複雑な形の画像切り抜きができました。
複雑な画像の切り抜き完成図

切り抜きを解除するには

画像の切り抜きを解除するには、オブジェクトを選択した状態でオブジェクト>クリッピングマスク>解除で元に戻せます。

切り抜きの位置を微調整するには

イラレのクリッピングマスクは、正確に言うと画像を切り抜いてるわけではありません。
選択した範囲だけが見えてる状態、といったイメージでしょうか。

クリッピングマスクしたオブジェクトにカーソルを当てると、もともとの画像の枠線が表示されます。
隠れてる範囲もカーソルを合わせると元画像の枠が表示される

ダイレクト選択ツールでオブジェクトを選択して後ろの画像をズラせば、マスクの位置も自由に調整できます。
マスクをズラすことで画像の表示範囲も変わる

まとめ

イラレで画像を切り抜く方法をご紹介しました。細かい画像の編集はフォトショップが向いてますが、イラレでも十分対応できます。
切り取りができれば、チラシや年賀状のデザイン作成も簡単にできちゃいます。ぜひマスターしてください。

あわせて読みたい
イラレで画像を文字の形に切り抜く方法【クリッピングマスク機能】イラレのクリッピングマスク機能を使えば、文字の形に画像を切り抜けます。 イラレ初心者の方向けに、画像多めで手順を紹介します。 イ...