Illustratorの使い方

イラレの塗りつぶしテクニック【イラストにも使える2つの方法】

イラレの塗りつぶしテクニック【イラストにも使える2つの方法】

イラレでできる塗りつぶしのテクニックをご紹介します。イラストの色ぬりはPhotoshopの方が得意ですが、イラレでも応用すれば充分対応できます。

イラレの塗りつぶしは、大きく分けると2つの方法があります。

  1. 塗りを設定するだけ
  2. ライブペイントツールを使う

それぞれやり方を図解するので、画像を見ながら進めてみてください。

塗りを設定して塗りつぶす

ひとつ目は基本的な方法「塗りを設定する」だけ。

まずはオブジェクトを選択。
オブジェクトを選択

ツールパネルで色を選択するだけ。
図形への塗りつぶし完了

これで図形の色が塗りつぶされます。

ライブペイントツールで塗りつぶす

ふたつ目は「ライブペイントツール」での塗りつぶし。

ライブペイントツールは、Windowsのペイントのように線の中を塗りつぶせます。
葉っぱの柄を塗り分けたり、キャラクターのパーツごとに塗りつぶしたりが簡単。
パーツごとに色を分けて塗りつぶせる

ツールパネルのシェイプ形成ツールを長押しすると、ライブペイントツールが表示されるので切り替え。
ライブペイントツールへの切り替え
イラレに塗りつぶしのバケツがない!?と焦った人も安心してください。ここにありますよ。

オブジェクトを選択してから、オブジェクト > ライブペイント > 作成を選びます。
メニューからライブペイントの作成を選ぶ

塗りつぶしたい箇所にバケツマークを合わせると赤く縁取られるので、塗りたい色でクリックすれば塗りつぶしが適用されます。
塗りつぶしの適用範囲がふち取られる



パスが閉じてなくて塗りつぶせないときは「隙間オプション」で調整

ライブペイントツールは、パスが閉じてないと塗りつぶせません。
パスが閉じていないので、ライプペイントツールが適用できていない

そんなときは「隙間オプション」を調整すればパスが閉じてなくても塗りつぶせます。

オブジェクトを選択してから、オブジェクト > ライブペイント > 作成でライブペイントモードをアクティブ状態にします。
もう一度メニューのオブジェクトから、ライブペイント> 隙間オプションで設定パネルを開きます。
メニューからライブペイントを選び、隙間オプションを選択
隙間オプションパネル

塗りの許容サイズが「狭い隙間/中途程度の隙間/広い隙間/カスタムの隙間」から選べます。
隙間オプションパネルでは塗りの許容サイズが選べる

パス同士が大きく空いてるときは広い隙間を選びます。隙間として認識されると、空白部分が赤く表示されます。
表示が出ないときは、カスタムの隙間を選んで数値を大きくしていくと隙間を認識してくれます。
数値を変えると隙間を認識してくれる

一度隙間オプションを設定すれば、あとはツールバーからライブペイントツールを使って塗りつぶし可能です。
隙間が空いていても塗りつぶしができた

パーツごとに隙間オプションを設定すれば思い通りに塗りわけができるのでお試しください。

まとめ

イラレの塗りつぶし方法をご紹介しました。
アニメのようなイラストの色塗りはPhotoshopやSAIにはかないませんが、キャラクターものはIllustratorでも充分対応できます。

テイストに合わせて使い分けてみてください。

あわせて読みたい
イラストレーターの使い方|初心者でも無料で学べる記事まとめ初心者でも無料でIllustratorの基本をマスターできる方法をまとめました。 機能の解説はもちろん、本や動画で学べる講座も紹介して...
ABOUT ME
トンソクデザイン
トンソクデザイン
ブタ雑貨専門デザイナーとして、全国にブタを出荷しています。輪切りのブタのメモスタンド「SLICE PIG-スライスピッグ-」をminne(ミンネ)で発売中です。
SLICE PIG-スライスピッグ-


スライスピッグはブタがモチーフのメモスタンド。
断面にはお肉がプリントされているので、メモをはさむときや外すときに思わずニヤッとしちゃいます。

手のひらサイズの大きさだからパソコンと一緒にデスクに置いておけば、ちょっとしたメモをはさんでおくことができます。
ブタ雑貨が好きな人も、そうでない人もぜひ一家に一匹可愛がってあげてください。

詳細ページ