趣味・娯楽

iPhoneが充電できないのは接触のせいじゃない!?家にあるアレで解決!

iPhoneの接触が悪くて充電できない時は家で解決!

充電ケーブルを何回も抜き挿ししないと反応しない。ケーブルをちょっとズラしただけで充電されない。

本体の寿命かも?と修理に出したりお店に持っていく前に、今から紹介する方法を試してみてください。

誰の家にもひとつはあるアレで解決できちゃいます。

充電の不具合はほこりが原因

家にあるアレとはつまようじ
つまようじを使って、iPhoneの充電口をホジホジと掃除してみてください。
信じられないぐらい大量の綿ぼこりが出てきます。

こちらは僕のiPhoneの充電口から出てきたほこりです。

iPhoneの充電口から出てきたホコリ
よくこんなに詰まってたなとビックリするほど。

キレイに取り除いてあげた後充電ケーブルを挿したところ…ちゃんと充電される!

充電がうまくいく角度を見つけ出して、充電中は少しでも位置をずらさないように神経を使ってたのが嘘のよう。

ちなみにこちらが掃除後の写真。
充電口がキレイになってます。
IMG_3997

この方法を知ったときは、まさかほこりが原因だとは思いもしなかったので掃除前の写真は撮ってないです。
でもこうして見ると、前は充電口を覗いたときは真っ黒だったので随分変わったなとわかります。

とゆうわけで、ケーブルの接触が悪くて充電がうまくいかない場合の解決方法をご紹介しました。

掃除する道具はつまようじじゃなくても大丈夫だけど、あまりにも鋭利な金属は充電部を傷つけてしまいそうなのでやめたほうがいいかも。

修理に出す前にまずは充電口をのぞいてみてください。

ABOUT ME
トンソクデザイン
トンソクデザイン
ブタ雑貨専門デザイナーとして、全国にブタを出荷しています。輪切りのブタのメモスタンド「SLICE PIG-スライスピッグ-」をminne(ミンネ)で発売中です。
SLICE PIG-スライスピッグ-


スライスピッグはブタがモチーフのメモスタンド。
断面にはお肉がプリントされているので、メモをはさむときや外すときに思わずニヤッとしちゃいます。

手のひらサイズの大きさだからパソコンと一緒にデスクに置いておけば、ちょっとしたメモをはさんでおくことができます。
ブタ雑貨が好きな人も、そうでない人もぜひ一家に一匹可愛がってあげてください。

詳細ページ