Illustratorの使い方

【イラレ】アピアランスパネルを使った文字の編集方法を図解します

文字の周りにふち取りをつけるとき、単純に線を追加するだけだと文字が細くなってしまいます。

イラレで文字を編集するときの時短ポイント【作業スピードUP!】」記事では、パスのオフセットを使った文字が細くならないふち取り作成方法をご紹介しました。

この記事では、ふち取り作成の応用編アピアランスパネルを使った編集方法をご紹介しています。
アピアランスパネルのメリットは何度でもやり直せること。
デザインの現場ではやり直し作業は必ず出てくるので、対応できるアイディアを身につけておくと便利です。

アピアランスパネルを使った文字の編集方法

まずはアピアランスパネルを表示しておきましょう。
ウィンドウ > アピアランス
アピアランスパネルの表示

文字を選んだら、アピアランスパネルの「新規塗りを追加」をクリック。
アピアランスパネルから新規塗りの追加

塗りが追加されました。
文字の上に追加された塗り

これは、もともとの文字の上に新しい塗りが重なった状態です。
塗りが重なった状態をレイヤーで表現

追加した塗りに対して効果を付けていくので、このままでは文字に重なってしまっています。塗りをドラッグして、文字の下に持っていきます。
追加した塗りは文字の下に移動させる

これで追加した塗りは文字の下へ。
塗りが文字の下に移動した見た目

上に乗っていた黒の塗りが文字の下に移動しました。

塗りに効果を追加します。
今回は白いふち取りを設定したいので、塗りの色を白へ。
塗りの色を白に変更

見た目にはわかりませんが、ちゃんと白になっているのでご安心を。
文字の下では塗りの色が変わっている

塗りを選択した状態で「新規効果を追加」から、パス > パスのオフセットを選択。
アピアランスパネルでパスのオフセットを選択

パスのオフセットとは、入力した数値だけ外側・内側にパスを広げる・縮める効果です。
パスのオフセットを使ってパスを広げた図

プレビューにチェックを入れれば、入力した数値の効果を見ながら設定できます。
パスのオフセットパネルでプレビューにチェックを入れれば、見ながら編集ができる

パスのオフセットを使って、文字の下に追加した塗りのパスを広げてあげれば、ふち取り作成完了です。
パスのオフセットを使った文字のふち取りの完成図


アピアランスパネルで何度でもデザインをやり直せる

これで完成と思っても、後からデザインの調整が必要なることはよくあります。
アピアランスパネルの最大のメリットは、後から何度でもやり直しができるところ。
先ほどのふち取りをもう少し太くしてみます。

調整したいテキストを選択したら、アピアランスパネルのパスのオフセットをクリック。
調整パネルが表示されるので、プレビューにチェックを入れてオフセットの数字を大きくします。
パスのオフセットの数値を変えて、ふち取りを太く変更

OKを押せば調整完了。

アピアランスパネルを使えば、やり直しがきくデザイン作成が簡単にできます。
無駄な作業が発生しないので時短にもつながります。ぜひ試してみてください。

あわせて読みたい
イラレで文字を編集するときの時短ポイント【作業スピードUP!】この記事では、イラレの基本的な使い方はわかっているけど、もう少し作業スピードをアップさせたい、文字入力の便利な使い方を知りたい、そんな人...
ABOUT ME
トンソクデザイン
トンソクデザイン
ブタ雑貨専門デザイナーとして、全国にブタを出荷しています。輪切りのブタのメモスタンド「SLICE PIG-スライスピッグ-」をminne(ミンネ)で発売中です。
SLICE PIG-スライスピッグ-


スライスピッグはブタがモチーフのメモスタンド。
断面にはお肉がプリントされているので、メモをはさむときや外すときに思わずニヤッとしちゃいます。

手のひらサイズの大きさだからパソコンと一緒にデスクに置いておけば、ちょっとしたメモをはさんでおくことができます。
ブタ雑貨が好きな人も、そうでない人もぜひ一家に一匹可愛がってあげてください。

詳細ページ