レビュー・ノウハウ

RECAMP勝浦で春のソロキャンプ 【千葉のおすすめオートキャンプ場】

RECAMP勝浦で春のソロキャンプ 【千葉のおすすめオートキャンプ場】

千葉県勝浦市のRECAMP勝浦でソロキャンプをしてきました。広い敷地に設備も充実していてソロキャンプだけでなく家族やグループキャンプにもおすすめです。

各サイトの紹介から、管理棟やお風呂、子供が遊べるスポットまでRECAMP勝浦を網羅した情報をお届けします。

とんそく
とんそく
結構ボリュームが大きくなってしまいましたが、利用を考えてる人の参考になると思うのでぜひチェックしてください。

RECAMP勝浦の基本情報

RECAMP勝浦は千葉県勝浦市にあるキャンプ場です。
株式会社Recampが運営していて、全国に10ヶ所ほどあるRECAMPシリーズのひとつ。

勝浦市の市街地からそこまで離れていなくてキャンプ場までの道もほとんどフラット。
アクセスしやすいのでキャンプ初心者や家族にもおすすめの施設です。

住所
千葉県勝浦市串浜1830

アクセス

RECAMP勝浦へは市原鶴舞IC(インターチェンジ)を下りて40分弱ほど国道265号線を走って到着。
都内の主要エリアからだと3時間程度。

市原舞鶴IC (インターチェンジ)からキャンプ場までの道は起伏なく民家が建ち並ぶ一般的な道路を進んでいけば着きます。
険しい山の中を運転することはありません。

チェックイン/チェックアウト時間

チェックイン、チェックアウトはプランによって時間が違いますが、他のキャンプ場と比べても一般的な時間帯ですね。

チェックイン 13:00〜14:00
チェックアウト 10:00〜11:00

サイトによってアーリーチェックイン/アーリーチェックアウトもできます。

RECAMP勝浦の宿泊料金と予約方法

RECAMP勝浦は敷地も広く設備も充実していて、テントサイト以外にもキャビンやトレーラーの宿泊プランもあります。

RECAMP勝浦宿泊プラン

フリーサイト:3,000円〜
キャビン:15,000円〜
トレーラーハウス:12,000円〜

予約はキャンプ情報サイトの「なっぷ」から。簡単な会員登録ですぐに予約ができます。

▼RECAMP勝浦予約ページはこちら
https://www.nap-camp.com/chiba/11973/plans

消灯時間・クワイエットタイム
22:00〜翌朝7:00まではクワイエットタイム。
消灯時間を過ぎると管理フタッフが見回りをして消灯を促します。ランタンやあかりはテントの中にしまえばOKです。ルールを守っている利用客がほとんどでしたが、明かりがついているテントには声をかけて注意してくれるので安心です。
利用者層
ファミリーがほとんど。子供連れや、ある程度年齢の高い夫婦での利用などが多かったです。若者やグループキャンプの姿は1組程度でほとんど見ませんでした。
ガヤガヤうるさい利用者はいなかったので、落ち着いてキャンプが楽しめました。
騒音
サイトは道路脇を入って少し奥まったところにあるので、キャンプ場から車の走る音は聞こえません。民家とも距離が離れているため騒音関係は全く気になりませんでした。
Wi-Fi
キャンプ場全体でWi-Fiがつながっています。パスワードは管理棟に案内があるので入力すればすぐに使えます。昼間は速度が出ていたけど夜は少し遅めかも。YouTubeを普通に見れるぐらいのネット速度は出ているので十分でしょう。

RECAMP勝浦のキャンパー向けサイト紹介

RECAMP勝浦のキャンプサイトは大きく分けて4つ。キャンパー向けに各サイトを詳しく紹介します。

こかげキャンプサイト

こかげサイトの特徴

電源あり/車の乗り入れ可/ペット不可/アーリーチェックイン・アーリーチェックアウト可
広さ:約100㎡(テント1張・タープ1張まで設営可能)

区画を囲うように木が生えていますが、覆い尽くすほどではないので見晴らしはいいです。

目線を遮ることがないので他のキャンパーと隣接するときにはソロキャンプ感が少しなくなってしまうのは残念。
反面、遠くまで見渡せるのでお子さんの居場所を把握できてファミリーにはおススメかもしれません。

ソロキャンのときも視線を外すようにテントの出入り口の方向を調節してあげれば大丈夫そう。

地面は芝生と土が混在していて、芝生の上に設営できればけっこうフカフカしていて寝心地がいいです。

土も柔らかくて石もほとんどないのでペグダウンもしやすい。女性でも簡単にペグ打ちできると思います。

前日が雨の日は土がぬかるんでテントが汚れたり、地面が滑ったりするので注意してください。

私がキャンプしたときは前の日の夜が雨、次の日の朝から晴れのち曇りといった天気でした。車用の通路は水溜りができているところもチラホラ。

区画の中はフラットなので水はけがいいのかぬかるみはなかったです。
心配な人はテントの下にひくシートを持って行った方がいいかもしれません。

ガーデンキャンプサイト

サイトの中では2番目に広い区画です。

こかげキャンプサイトと比較すると木々は少なく広々とした印象。
お隣の区画との境は丸太で仕切られているのみ。目線を遮るものはほとんどなく視界は開けています。

地面は細かい砂なので、泥で汚れる心配もありません。

区画が広いのでテントは3張りできます。この日はグループキャンプや家族で利用してる人がほとんどでした。
開けた土地にグループ利用が多いのでひとりでゆっくりといった感じではないですね。ソロキャンプ向けではないかも。

大空キャンプサイト

RECAMP勝浦で1番広い区画です。広々とした草っ原はまさに大空を感じられるほど解放感に溢れたサイト!

地面は全面芝生なので新緑の季節は青々としていてとてもきれいです。

区画内には背の高い木はないので見晴らしがいいです。大きいテントでのグループキャンプや家族キャンプにピッタリ。

思いっきり太陽に照らされますが、端っこの区画は木陰になるのでこのエリアなら暑さをしのげます。

子供が遊べるプレイエリアと遊具

RECAMP勝浦は子供が遊べるスポットや遊具も充実してます。

地面が黒板のようになっていて絵が描ける専用スポット。チョークは見当たらなかったので自分で持って来ないとダメかもしれません。
チョークがなくても石をガリガリやって描けますけどね。子供の頃よくやったなぁ。

木に吊るされたブランコやぶら下がって遊べる吊り輪、ターザンロープなどひと通り自然の中で楽しめる遊具が揃っています。

子供用つり輪はぶら下がって遊べます。

少し離れたエリアには滑り台。

子供用プールもあります!

子供が遊べる浸水浅めのプール。

プールは事前予約制のようなのでアプリから手続きしましょう。

RECAMP勝浦の施設紹介

RECAMP勝浦の管理棟、シャワーや灰捨て場など施設やルールの紹介です。

管理棟

'

RECAMP勝浦の管理棟は入り口のすぐ近くにあります。
木造の家屋に昔ながらのガラス戸は田舎の親戚の家に遊びにきたような懐かしい気持ちになります。

チェックインは管理棟で済ませます。

ビックリしたのが「事前チェックイン」。入り口の案内に従ってLINE登録して、必要情報はすべてスマホで完結。

あとはサイトの使い方や注意事項の説明を受付でしてもらえば完了です。

RECAMP勝浦のスタッフは若い人が多かったですが、みなさん丁寧に対応してくれます。
横柄な態度の人はいなかったので気持ちよく過ごせるので安心です。

管理棟の中は結構広くて売店もバリエーション豊富です。

ガスボンベ・炭・調味料など一般的な消耗品から、クッカーや帽子、焚き火台など本格的なグッズも購入できます。

アイスやお菓子も売ってるのでお子さんのおやつにも。

お酒の販売もしてますが、ビールは地ビールのみ。スーパーで売ってるようなスーパードライや黒ラベルなどは取り扱いがないようです。

薪の取り扱いも豊富で種類が多かったです。

薪の組み方の展示もされています。

お店で買った薪は庭に備え付けの薪割り台でカットできます。最近は薪割り台を置いてるキャンプ場が多いですね。
斧を振り下ろすわけじゃないので子供でも薪割り体験できるのは楽しそう。

ゴミ処理、灰処理の仕方

RECAMP勝浦はゴミや灰処理のルールが整っています。

まずはゴミの処理の仕方について。

チェックイン時に受付でゴミ袋をもらえます。1つは缶用、1つは可燃ごみ・ペットボトル用。

指定のゴミ袋にまとめて、チェックアウトのとき集積所に持っていくだけでオッケーです。

生ゴミ類は専用のプレハブの中に集積所があるので、カラスや野生動物が荒らすこともありません。

灰は集積所以外にも、手洗い場の近くに専用ゴミ箱が設置されているので近いところに持っていけば大丈夫です。

炊事場

炊事場はキャンプ場全体で3ヶ所ほどあります。お湯かみたいですが、春のキャンプだったので温水はストップ中だったのかもしれません。

洗剤はないので油汚れの処理は自分でしないといけません。石鹸は自然にやさしいタイプのものがあるので手洗いはできます。

アルコールスプレーが備え付けられてるのも今のご時世ならではですね。

小さい子供でも蛇口に届くようにステップが用意されています。ちょっとしたことですが家族連れにも優しいキャンプ場になってます。

トイレはウォシュレットで温水が出るタイプ。冬場でもお尻がヒヤッとなりません!

めちゃくちゃ綺麗ってわけじゃないですが、一応掃除は行き届いています。トイレットペーパーも常備されてるので安心。

買い物ができる周辺のスーパー

RECAMP勝浦は山奥のキャンプ場ではないので比較的買い物もしやすいです。車で約10分ぐらいの距離にある超大型スーパーの「ベイシア勝浦店」がオススメ。必要な食材は全部ここで調達できます。

住所
〒299-5224 千葉県勝浦市新官 字長畑 1392
営業時間
9:00〜20:00

肉・野菜・お酒・お菓子・弁当などなんでも手に入ります。バーベキュー用のお肉はもちろん、あらかじめ串に刺された焼き鳥セットも売っているので、あとは焼くだけで炭火焼き鳥が手軽に楽しめます。

都心を離れた土地で大型のスーパーで買い物するってなんかワクワクします。この日もお酒と食材を大量に買い込んでいざキャンプ場へ。

こかげサイトでソロキャンプ

今回選んだのはこかげサイト。ソロキャンプのときは静かにゆっくりしたいので、お隣さんとの間を木々が遮ってくれるエリアをチョイス。

平日に宿泊したのでキャンプ場全体が空いていて、夜まで静かに楽しめました。

リキャンプ勝浦は広さも十分、管理も行き届いていて家族キャンプにもおすすめできます。

施設も充実していてまさしく高価格キャンプ場。スタッフが丁寧に対応してくれるので初心者でもチャレンジしやすいです。

千葉県のキャンプ場候補としてぜひ検討してください。

以上、RECAMP勝浦で春のソロキャンプ 【千葉のおすすめオートキャンプ場】でした。

ABOUT ME
トンソクデザイン
トンソクデザイン
ブタ専門デザイナーとして、全国にブタグッズを出荷しています。オリジナルグッズを販売中。
トンソクデザインオリジナルグッズ販売中

トンソクデザインオリジナルグッズ
オリジナルTシャツはもちろん、お出かけにちょうどいいサコッシュも取り扱っています。ブタのイラストをあしらったオリジナルグッズをチェックしてください。

詳細ページ